By | 2017年12月27日

店舗設計で有用なシミュレーション

魅力的な店舗を作り上げたいというときに、どのような形でデザインしたら良いかで悩むことはよくあります。店舗の全体像を想像しようとしてもあまり具体的に考えられず、図面を引いてみても実感が涌かないというケースもあるのは確かです。そのときに有用なのがITを活用することであり、CGを使って店舗デザインをシミュレーションしてみると誰でも容易にデザインを考えられるようになります。ITの発展によってコンピューター内で3DのCGを構築して店舗を見てわかる形に表示することは簡単になっているのが現状です。これを活用すればどのような店舗になるかを具体的に考えやすく、理想としているような魅力的な店舗を作り上げることができます。

シミュレーションをしてから物件選びをするのも大切

シミュレーションを活用して店舗設計を行うときに重要なのが店舗物件を探すのを後に回すことです。まずはどのような店舗が理想的かを考えてしまい、それを実現できる物件を探すという形にすると失敗がありません。物件が先にある状況ではなかなか魅力的なデザインができないことはよくあります。デザインありきで物件を探すと絞り込みも速やかにできるため、円滑に開店に向けて手続きを進められるのが魅力です。どうしても適した立地に理想のデザインで店舗を作り上げられる物件がないというときには適宜デザインに修正を加えていけば良いでしょう。それによって妥協できる店舗を確保することができて、納得の上で開店に向かって進めるようになります。

店舗デザインは内装・外装ともに集客率に大きな影響を与えます。外装は客の第一印象につながるためとても重要です。