By | 2017年12月30日

引っ越し業者に連絡する前に準備をしよう

賃貸物件が決まって引っ越し準備をする段階になるとまずは引っ越し業者に連絡するという人もいます。しかし、この時点ですぐに連絡してもやり取りに苦労してしまいやすいので、まずは事前準備をしておくのが肝心です。引っ越しで運び出したい荷物を選定し、不要なものは処分できるうちに処分を始めてしまうのが重要になります。特に大型の家具や家電でもう必要ないというものがあれば、早めに売る手配をした方が高く売れる可能性が高まるでしょう。引っ越し業者に連絡すると見積もりを出してもらうことになりますが、余計なものが多いと見積もりが高めになりがちです。たとえ持っていくものと処分するものを分けてあったとしても、荷物が増えることを予想して引っ越し業者側が高めの見積もりをする場合があります。そのため、予め処分するのは重要なことなのです。

入居日と退居日にも注意しよう

引っ越し業者に連絡をするタイミングは賃貸物件の契約をする前の方が良いでしょう。退居日も具体的に決めてしまう前に引っ越し業者に連絡をするのがベターです。理想的には入居日と引っ越し日を一緒にして、退居日もその付近にするのがコストを最小限にできるからであり、最も日にちの自由度が低い引っ越し日を最初に決めるのが重要になります。引っ越し業者と相談して希望する日を決めた上で賃貸契約をして入居日を決め、退居日も具体的に管理会社やオーナーなどに連絡するのが良いのです。こうすることで引っ越し前後の日々も効率的に過ごせるようになります。

苫小牧の賃貸は、鉄筋コンクリート造りや鉄骨造り、木造など、物件によって構造が異なる場合もあるため、ぞれぞれの特徴を踏まえながら選べます。