By | 2018年2月27日

一般的に日本で注文住宅を建てる時には工務店と大手ハウスメーカー、設計事務所が利用できます。基本的に設計事務所は家の設計だけを行っているので実際に建築するのは工務店なのが特徴です。ハウスメーカーは規格化されたパーツを専用工場で製造、パーツを使い建築するのが専属の工務店となっています。

工務店は地域に密着したサービスをしているところで、独自の注文住宅を作ってもらう事が可能です。似たようなサービスだと大工さんがありますが、それとはちょっと違います。大工さんの場合日本家屋を作ってくれますが工務店は洋風の住宅から日本家屋風まで幅広く対応できるのが特徴です。

サービスによっては北欧住宅といったものも作ってもらえるのでこだわりの家を作りたいときに活用できるでしょう。

すべて自社で行っているところが多い

工務店は自社工場を持ち設計から施工、資材の調達まで一貫しています。基本的に仲介業者を通すことがないので中間マージンもかからないのがメリットです。これにより大手よりも安く住宅を作ってもらえるのでコスト削減を期待できます。

大手だと全国規模で展開しているので広告費用は結構かかっているのが特徴です。住宅の販売価格に上乗せされているので価格もちょっと高めといえます。一方工務店は地域密着型なのでほとんど広告を出しておらず小規模です。販売価格にも広告費用が入っていないため安く住宅を提供してくれます。

ある程度の要望にも対応できるので比較的融通が聞くのもメリットと言えるでしょう。

足立区の工務店が注目されるのは、評判の良さが際立っているからです。高品質な仕事ぶりが多くの信頼を勝ち得ています。