By | 2018年2月27日

自宅とは異なる場所に第二の家として別荘を保有していれば、ゆっくりと過ごしたい時やリフレッシュしたい時に訪れることができます。人気があるのは都会から離れているエリアです。静かな環境は人の心を穏やかにしてくれますし、心身を回復させるうえでは最適です。また、緑が豊富なエリアも人気が高い特徴があります。たとえば、森林浴が可能なくらい緑が豊富な場所に別荘を購入することができれば、訪れる度に開放的な気分を体験できますし、新鮮な体験になるでしょう。海が近ければ波の音を感じたり、釣りをしたりなどが可能ですが、風の影響を受けやすいです。一方で緑が豊富な土地を選べば、海よりは風の影響を受けないので建物は長持ちします。

新築で購入する必要はない

別荘を購入する際の選択肢は新築と中古の2つがあります。こだわりが強かったり、人が住んでいたことが好みではなかったりする場合は新築をおすすめしますが、強いこだわりがない場合や人が住んでいたことは気にしない場合は中古での購入を検討しましょう。新築と中古でかかる費用に差が発生し、多くの場合で中古の方が安く済ませられます。ずっと所有する気はなく、年に数回訪れる程度であれば、わざわざ大金を使用して新築で購入するのはリスクが大きいです。中古でお得な価格の別荘を購入すれば、仮に短期間しか利用しなかったとしても新築よりは費用の負担は少ないため、決断に時間をかけずに済みます。また、中古でも新築に近い別荘もあるので、じっくりと探せばお得な物件が見つかります。

中古の別荘を購入したいと考えているなら、理想的なエリアをリストアップしておきましょう。温泉やスキー場が近くにある別荘なら、余暇を有意義に過ごすことができます。