By | 2018年2月27日

戸建て住宅に住む事とマンションに住む事には色々な違いがあります。その中で最も大きい違いの一つであるのが「壁を近所と共有するorしない」という点です。壁を隣人と共有するマンション住まいの際は、どうしてもシェアハウスに同居するような側面が発生し、音漏れ問題が大きなトラブルに発生するような場合もあります。戸建て住宅に住んでいる場合はそう簡単には騒音問題でトラブルになることはないため、この点は大きな違いと言えます。

マンションを選ぶ際は音問題を大事にする

マンションに住む場合、特に買う場合は音漏れしやすい物件を選んでしまうと隣の部屋の騒音で苦しんだり自身が知らぬ間に音漏れで隣に対して大きなストレスを与えてしまい、大きなご近所トラブルに発展する可能性があります。そして、購入したマンションの場合はそう簡単には引っ越せないという問題も発生します。そのためマンションを選ぶ際の一番のポイントとして断熱性・耐震性・防犯性なども挙げられますが、日常的なストレスを抱えたくない場合は、防音性(遮音性)を明確に最重視して選ぶ形がおすすめです。なお断熱性は冷暖房等でどうにかなりますし、耐震性は最下層に住めば逃げ遅れの心配もなく、防犯性も大事なものは金庫の中にすべて入れれば基本的に対策可能です。

音漏れが心配な場合は、隣に聞いてみる

防音面に優れる物件を選んでも周囲への音漏れを完璧に防げているかどうかはわかりません。もしうるさくても隣の人は気を遣ってなかなか苦情までは言ってこない可能性もあります。そのため、心配な場合はしばらく住んでみて隣近所に音漏れで迷惑をかけていないか聞いて廻ってみるのがおすすめです。迷惑になっている場合は高品質の防音パネル・マットを買うといったさらなる対策が必要です。

東川口のマンションを探すには、購入か賃貸か、築年数や広さや駅から徒歩何分が許容範囲かなどを検討します。